2017年6月4日

Grabの機能がちょっと進化したので、Uber?Grab?再考

マレーシア、特にジョホールでは配車アプリは必需品。
もちろん、この配車アプリも完ぺきでは無くて、いろいろ問題も、使いづらい点もあります。
それぞれのアプリについては以前、一度まとめていますが、最近、GrabCarの機能が進化したので、改めてそれぞれの特徴をまとめてみようと思います。



過去記事→UBER?それともGRAB? | JOHOR LIFE(現状に合わせて記事改定済み)

最近のGrabCarの改良点
★基本的な料金体系が値下がりした
★配車時の道の渋滞状況などによって料金が一定ではなくなった
★途中、寄り道ができるようになった

基本料金が下がり、確実に渋滞に巻き込まれそうなときなどは若干の料金アップはあるものの、Uberとの価格差はほとんど気にならないほどになりました。

Uberがタクシーのような実際に乗車した時間距離制なのに、Grabは配車依頼時に値段が確定するため、道が不案内な運転手(または悪意を持って遠回りをする運転手)でも乗客が余計なお金を払わなくても良いというのが安心材料の一つなのですが、それ故、途中、友人をピックアップしたい場合になかなか使いづらかったのです。
それが、この改定により、寄り道が出来、しかも料金は乗る前に確定なので、予約がちょっと面倒ですが、利用しやすくなりました。

配車時の行先(赤いピン)を入力すると、その右に+マークが出てきます。


これをクリックすると、もう1か所行先を入力できます。


2か所の行先は順序の入れ替えもできます。
道順が決まったところで、予約ボタンを押します。


地図の下に、配車にかかる時間(予測)と料金が表示されます(経路によって料金は異なります)。
規約上、立ち寄りポイントで待てる時間は3分とされており、あくまでも同乗者の乗降程度のよう。

また、Grabも最近はカード決済を進めようとしているようで、カード決済のみで使えるプロモーションも増えています。

しかし相変わらず、難点もあり、Grabは乗降場所の入力ができない場所があるのと、プロモーション適用に関してはUberの方が簡単。

また、配車のキャンセルについてはUberはきちんと規定があり、5分以内は乗客のほうでキャンセルチャージ無しでキャンセルが可能で、GrabはHPにキャンセルチャージについての記載がありませんが、問い合わせたところ、(時間制限なく)キャンセルチャージ不要でキャンセル可能とのこと。

そして、また別の問題が。
GrabCarもUberも運転手は配車場所や目的地までナビアプリを使うのですが、最近、WASEの案内がいまいちで、右折できないところで右折する案内があり、そのせいでリルートすると、結局同じ道に戻ってくるとか、信号で停まっていると渋滞と勘違いするのか脇道に勝手にルートを変更したり。。。。
アプリの画面を見ながら車を待っていても、ナビに翻弄されていつまでたっても迷路から脱出できずにたどり着かない車もよくあります。
(配車場所まで迷う車は大体、乗ってからも迷うので、客側もナビアプリを起動して運転手のフォローをした方が賢明です)

当ブログに1票 投票 いただけると嬉しいです
☟目指せ1位! クリックお願いします☟
ブログ村 マレーシア情報 ランキング参加中です。
 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。 お隣シンガポールの今がわかります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
シミのできるメカニズムにアプローチ ホワイティシモで納得のいく美肌へ。

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ