2017年9月21日

日本のAmazon海外配送がECMSという耳慣れない会社に。果たして。。。

旦那さんがどうしても欲しいという映画のDVDをAMAZONで購入しました。

以前、本を購入した時に普通便でDHLがシンガポール経由で配送してくれて、スピーディーで良かったので、今回もそのつもりでいたら、いつの間にか海外配送の仕組みが変わっていて、エコノミー便担当は中国の配送会社に変わっていました。


ECMSという会社。

ECMSGlobal.com

HPが何だか怪しすぎて。。。。。
只でさえ、配送やさんのクオリティの低いジョホールに謎の中国の配送会社は本当にちゃんと届けてくれるのか?????


広告



AMAZONからの出荷の連絡が9月15日の夕方。

そこからなかなか発送ステータスが変わらず、深夜、日を跨いだ辺りでステータスが変わる感じのまったりしたペース(^-^;


下から3番目の成田のDepartureScanまではスムーズでしたが、週末だったこともあり、その後からが遅々として進まない。
火曜日になったところでステータスがKL到着に(実際の到着は月曜未明)。

友人にはDVDだし、まともに税関通ったら、結構かかるかもね~と脅され、いつ来るんだろうと思っていたら、昨日コンドのガードマンに、荷物来てるよ~と声をかけられ、何だか拍子抜け。

結局月曜日未明にKLに着いて、税関通ってJBに届くまで2.5日というスピード!

ECMS、やるじゃん!と言いたいところですが、今日になってもweb上のステータスはKL到着のまま、変わっていません💦。

そして、肝心の荷物はと言うと、こんな感じに。。。


これはAmazonの箱も悪い。
国内発送と同じペラペラの段ボールで、中に折り込んでいる耳の部分が短いので、上から重たい荷物を乗せたら、こんな風になるわな~。

とりあえず、箱の深さが結構あったので、中のDVDまで被害は及んでいませんでした。

そして、肝心の送料ですが、仕組みがちょっと複雑です。

  • 「AmazonGlobal」扱いの場合:配送業者が通関業務まで行ってくれるため、購入時に関税も含めて取られます。
  • 単なる「海外発送」扱いの場合:関税は受取人が支払うことになるため、現地到着後の指示に従う必要があります。


さらにAmazonGlobalにはプレミアム便とエコノミー便があり、マレーシアの場合DVDは

  • プレミアム(DHLが担当):1配送900円+商品1個あたり250円。
  • エコノミー便(ECMSが担当):1配送600円+商品1個当たり250円。

   ※送料は商品のジャンル等によって異なります。

嬉しいことに、Amazonの海外発送は日本の消費税が免税となるようで、今回約1万円程の買物で、日本の消費税8%が免税になり、商品+送料の合計金額にマレーシアのGST6%が加算されました。
つまり、日本で普通に買うと、10800円、マレーシアへの発送は(10000+850)×1.06=11501円と、日本より700円ほど高いだけで買い物が出来たことになります(計算を簡略化するため、商品を1万円として計算)。
日本国内でかかる宅配料金と同じくらいで、はるばるマレーシアまで配送して通関手続きまでしてくれるのですから、すごいことです。
(物によっては、GST以外の関税が加算されるものもあります。)

しかも、以前は本とDVDくらいしか海外発送対象ではなかったのが、いつの間にか、かなり多くのものが海外発送対象になってました。

1週間くらいで届いたので、プレミアムとエコノミーの300円の差をどう考えるか、悩みどころですが、通関が面倒くさそうなものや、破損しやすそうなものは保険のつもりでプレミアム便にした方が無難かもしれません。
Amazonは配送の保証がしっかりしているので、通常はエコノミー便で十分かなあと思います。
マレーシア情報ランキング 参加中。
   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。
 お隣シンガポールの今がわかります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ