2017年11月12日

腰痛との闘い(3)筋肉をどうにかする

筋肉と腰痛は関係あるのか?
インターネットで筋肉の図などを調べに調べ、なんとなく分かってきたのは、痛みが出るのは伸びるべき筋肉がうまく伸びないため、ということ。

確かに壁に背面をつけて立つと、腰の辺りもぎゅーと痛みを感じるけれど、膝の上の辺りと鼠蹊部のあたりが突っ張って脚が伸びてないので、それをほぐして少しマシに。

それと同時期に、腰とは関係なく、スクワットを始めました。



TV番組の受け売りですが、人間の筋肉の70%は腰から下の下半身に付いているので、手っ取り早く筋肉を付けて基礎代謝を上げようと思ったら、スクワットをしてお尻~ももの辺りを鍛えるのがよいのだとのこと。

マレーシアでは気軽にジムやヨガに通えますが、日本ではなかなか出来ないので(寒いし)、家の中で手軽にできるし良いかなあと思って始めてみました。

意外にもスクワットがすごい!

広告



お尻と太ももへの効果の前に、腰のあたりがスッキリしてきたような。
私の弱点である腰の筋肉が付いてきたようで、前傾姿勢が改善されつつあります。

先日、近くの病院にタニタ食堂が入ったというので、お昼を食べに行ってきました。
ご存知の方も多いと思いますが、体重計でおなじみのタニタがヘルシーな食事を提供する食堂を全国で展開していて、なかなかの人気です。

揚げないとんかつ定食

HPはこちら:タニタ食堂

で、このタニタ食堂、栄養士さんの指導や、自社の計測器を用いての体脂肪や筋肉量を測定してくれるサービスを実施しています(一部の店舗のみ)。
この日は栄養士さんの指導はありませんでしたが、計測器はスタッフにお願いすると無料で計ってくれました。

よくある体脂肪計の本格的なもので、筋肉や脂肪の付き具合を体幹、両腕、両脚のバランスや内臓脂肪の付き具合などを一覧に印刷してくれます。


現在のところ、ややぽっちゃりの年齢相応、との結果でしたが、引き続きスクワットを頑張って、どの位変化があるか見てみたいなあと思います。
マレーシア情報ランキング 参加中。
   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。
 お隣シンガポールの今がわかります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ