2017年10月26日

マレーシアのチルド牛乳がダメすぎる

うちは夫婦とも牛乳が好きじゃないので、ほとんど買いませんが、友人知人、誰もがジョホールのチルド牛乳の品質に悩んでいます。


他の都市については分かりませんが、ジョホールに関していうと、スーパーのチルドコーナーで冷蔵で売られている牛乳は、買ってすぐでも、液状ではなく、凝固した状態なことがしばしば。
それなりに商品が回転しているスーパーでもはずれを引くことがあります。

原因は不明ですが、おそらくは輸送~バックヤードの管理の問題では?と想像しています。

そんな悩みを抱える方にお勧めしたいのが、ロングライフ牛乳。


広告



ロングライフ牛乳は日本でも販売されていますが、チルドの牛乳と比べて、高温・短時間で殺菌処理され、無菌的にパック詰めされたもので、パッケージに工夫が凝らされているため、保存期間が長く、室温保存が可能なものです。

LL牛乳(ロングライフミルク)|Q&A検索結果|Q&A検索|乳と乳製品の知識|一般社団法人日本乳業協会


殺菌方法が異なるため、人によっては味の違いを感じる方もいるようですが、私は特に違いを感じず飲めます。
ヨーロッパなどではロングライフの方が主流の国も多いようです。

マレーシアのスーパーでも粉ミルクや常温のドリンク売り場に置かれていて、お馴染みのチルドの牛乳メーカー製の物もあります。

チルド牛乳で失敗して廃棄したり、今飲みたいのに飲めない不便さを考えると、少々の味を犠牲にしてもロングライフ牛乳の方が圧倒的に合理的に思います。

ちなみに、ロングライフでも、開封後は冷蔵庫で保存し、チルドの牛乳と同じくらいの期間で飲み切る必要がありますので、ご注意ください。
マレーシア情報ランキング 参加中。
   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。
 お隣シンガポールの今がわかります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ