2017年8月29日

シンガポールはタバコがらみの罰金が容赦ない

マレーシアブログですが、シンガポールネタが続きます。

もう一つ、シンガポールの厳しいところは罰金。
全員が検査される訳ではありませんが、見つかったらかなりの罰金があります。
実際、各政府機関のHPを見ると、悪質な違法輸入が頻繁に摘発されているようです。





申告忘れ、不正確な申告

タバコ

1回目20本あたりS$200
2回目     S$500
3回目     S$800

タバコ以外の課税対象物(アルコールなど)

1回目税額の10倍
2回目   15倍
3回目   20倍(最低S$50)

関税が付与されないもの(GSTのみ課税されるもの)

GST額の10倍(最低S$50)

シンガポール登録車が十分にガソリンを入れずに出国した場合

1回目 S$100
2回目 S$300
3回目 S$500

参照:Offences-Singapore Customs

持ち込みが認められていないたばこ製品

持ち込みが禁止されているタバコ製品は輸入のほか、配布、販売共に禁止されています。
違反した場合はS$10000以下の罰金または6か月未満の収監もしくはその両方。
繰り返される場合はS$20000以下の罰金または12か月未満の収監もしくはその両方。

また、下記のようなイミテーションのタバコ製品はお菓子、おもちゃであっても取り締まり対象で、こちらも輸入、配布、販売共に禁止されています。

  • タバコの形を模したもの
  • 煙が出るもの
  • タバコを吸うしぐさを真似るためのもの
  • タバコに似たパッケージ

違反者はS$10000以下の罰金または6か月未満の収監もしくはその両方。
繰り返される場合はS$20000以下の罰金または12か月未満の収監もしくはその両方。

参照:Prohibition on Certain Products | HSA | Health Sciences Authority

タバコに関しては、紛らわしいものもダメっていうのが、シンガポールらしい。
イミテーションのタバコについても記載がされており、ニコチンを含んでなくても、煙が出なくても、タバコっぽいものやタバコから派生するものはすべてこの法律の支配下にあるということ。
Singapore Statutes Online - 309 - Tobacco (Control of Advertisements and Sale) Act

とにかくタバコは悪(だけど、税収・罰金の素)って感じなのでしょうかねえ。


その他の持ち込み禁止品のペナルティについては、具体的な表記が見つけられませんでしたが、その悪質性等を考慮し、ペナルティが判断されるものと思われます。
(法律原文はいくつか見つけましたが、担当部局HPに記載が無かったためこちらには載せていません)


当ブログに1票 投票 いただけると嬉しいです
☟目指せ1位! クリックお願いします☟
ブログ村 マレーシア情報 ランキング参加中です。
 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。 お隣シンガポールの今がわかります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
【海外赴任者・在住者向け】 荷物受取・保管・海外発送サービス - DANKEBOX
社労士・宅建・FP 安心価格で資格講座を24時間受講!
英語力を生かせる求人に特化!JAC Recruitment

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ