2017年8月27日

厳しい!シンガポールの持ち込み禁止品

旦那さんの会社で日本から出張で来られる方たちは復路がシンガポールだと色々なものを置き土産で置いて行かれます。

理由は持ち込み禁止で罰金を取られると面倒だから、だそう。

ガムはダメとかタバコも何本までとか、おぼろげには知っていますが、そういえばちゃんと調べたことなかったなあと。

昨日、薬の持ち込みを調べていたら、税関のHPに詳しく書いてあったので、まとめておこうと思います。
Prohibited and Controlled Goods:Singapore Customs


持ち込み禁止品


  • チューインガム(医療用、歯科用に認められたものは除く:シンガポールで許認可を受けたもののみ)
  • ピストル型のライター
  • タバコ類
     噛みタバコ、タバコの類似品(電子タバコ)
     水タバコ
     無煙タバコ、葉巻
     タバコやニコチンの錠剤(Dissolvable tobacco)
     タバコやニコチンを身体に注入、埋め込むもの
     タバコやニコチンを含む液体や固体を電気などで気化させるもの
     嗅ぎタバコ(経鼻、経口)
     グトゥカー(インドの口に含む嗜好品、ビンロウジ)、カイニ・ザルダ(インドの噛みタバコ)
  • 規制薬物や向精神薬→医療用医薬品については前の記事にまとめています
  • 絶滅危惧種の野生動物やその製品
  • 爆竹
  • わいせつな出版物、ビデオ、ディスク
  • 著作物(出版物、ソフト、ビデオ、CD等)のコピー品
  • 扇動的、反逆的なもの

 ※税関のHPでは触れられていませんが、HSA(健康科学庁)のHPではタバコっぽく見えるもの全般が輸入禁止となっているので、ご注意ください。

やはり、特徴的なのはガムとタバコですね。


広告



制限があるもの

◆食品 Bringing Food for Personal Use | AVA

・原産国にかかわらず持ち込み可能なもの(重量制限有り):魚、魚の加工品、冷凍の調理済みの蟹・海老、野菜と果物(中南米からのものは許可証が必要)、加工食品
・原産国制限があるもの:肉類、牡蠣、卵

◆武器など FAQ- Items.pdf

・許可なく所持できるもの:ハンティングナイフ、サバイバルナイフ、ドライビングナイフ、農業用なた(マチェーテ、パラン、鎌、ククリ)、吹き矢、弓矢、斧、鞭
・許可証が必要なもの:銃・ピストル、エアガン、エアソフトガン、水中銃、スタンガン、剣・刀、槍、銃剣、短剣、爆発物、爆弾、CS(催涙ガスの一種)スプレー、ペッパースプレー、発煙筒、ぬんちゃく、チェーンウィップ(金属のチェーンで出来た鞭)、防弾チョッキ、鉄製ヘルメット、おもちゃの拳銃、手錠、こん棒、赤外線ゴーグル
・禁止されているもの:フリックナイフ(自動で刃が出るもの)、バタフライナイフ、ナックルダスター、隠し武器、ワスプナイフ、投げナイフ、手裏剣、ぱちんこ、クロスボウ、ピストル型ライター、爆竹、花火

シンガポール来訪時はご注意ください。

当ブログに1票 投票 いただけると嬉しいです
☟目指せ1位! クリックお願いします☟
ブログ村 マレーシア情報 ランキング参加中です。
 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。 お隣シンガポールの今がわかります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』 英語力を生かせる求人に特化!JAC Recruitment

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ