2018年1月4日

セナイ空港のレイアウト、運用が変わっています。ご注意を。

以前から工事が進んでいたセナイ空港。

とうとう、新イミグレカウンターの運用が始まりました。


従来は。。。
国内線と国際線の区別なく、セキュリティチェックを受けて、国内線利用者はそのまま2階に上がり、国際線利用者は自主的にセキュリティチェックの奥にある出国カウンターで手続きをして国内線と同じ2階へ。

2階でも搭乗ゲートは国際線と国内線がMIXで、係員がイミグレスタンプを確認して飛行機に乗せ、スタンプが無い客はイミグレへ逆戻り。
到着の場合も係員の緩い誘導で入国手続きをして荷物回転台へ。

正直、こんな緩い国際空港始めてみました。
マレーシア国内でも主要国際空港は国内線と国際線の境目があると思うのですが。。。。。
よくすり抜けが起こらないものだと感心。

そんなイケてない空港が多少、まともになりました。
広告


1)セキュリティチェック

ここは従来と同じで、国際線・国内線の区別なく、手荷物チェックを受けます。


2)2階へ上がる

今までイミグレカウンターがあったところは空きスペースになっていて、2階に上がるよう案内があります。


3)出国手続き

2階に上がると、イミグレはこちら、という案内があるので、そちらに向かいます。


土産屋の横を抜けて、搭乗ゲート(窓)に向かって左方向に出国カウンターがあります。


出国カウンター(運用前の工事中の写真)
出国後は国内線エリアへは行けません。
出国エリアには小さい売店とトイレしかないので、腹ごなし、買い物がある方は出国手続前に。

4)入国手続き

国際線で到着すると、ガラスの壁でロビーとは仕切られており、まず入国カウンターを通って、国内線ロビーに出ます。

入国カウンター(運用前の工事中の写真)

国内線エリアと出国済み国際線エリアはガラスの壁で仕切られています
(写真は運用前の工事中のもの)

5)荷物の受け取り・税関検査

荷物のピックアップは従来同様、国内線・国際線共用です。
国際線で直接到着した場合と、出発空港から荷物スルーでKLなど経由で国際線から国内線へ乗り継いで到着した場合、税関検査はセナイ空港で行うことになります。
係員は荷物のタグを見て、国内線のみの客か、国際線から乗り継いできた客かを見分けて誘導するので、それに従い、税関検査が必要な客のみ荷物のX線検査を受けることになります。
セナイ空港はバッグの開封検査率が半端なく高いので、ちょっとくらい大丈夫かな~というのは通用しないので、ご注意ください。
マレーシア情報ランキング 参加中。
   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。
 お隣シンガポールの今がわかります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

2 件のコメント:

emiemi さんのコメント...

こんばんは!
日本をお楽しみ中のお忙しい時に失礼します。
いつも皆さんに役立つ情報を書かれていて本当に学ぶべき点が多いです。
見てもらう人の視点になかなか立つのは難しい、、、、

もしかしたら、関西空港でニアミスだったかも!とコメントをいただいてドキドキしてしまいました!

ricoyon さんのコメント...

emiemiさん

コメントありがとうございます。
emiemiさんのブログの底抜けに明るい感じ、とても素敵だと思いますよ~~

セナイ空港は何であんなレイアウトにしたのか謎でしかありませんが、そこがJBらしいというか(^_^メ)

普通と違うので、慣れてないとちょっと焦ります。

関連記事と時々広告&他所のブログ