2017年12月26日

マラッカのモノレール

2年前マラッカに行った際、川下りのボート乗り場の脇に放置されてたモノレール。

12月初旬に復活したというので、また壊れないうちに乗りに行ってきました。


調べるとこのモノレール、2010年に開業し、直後に休止、2011年に再開するも故障が続き2013年に再度休止。
そして、やっとこの12月に再再開。

マラッカは世界遺産に認定されて、実際観光客も多いのに、その観光情報は非常に限られていて、モノレールに関する情報はほとんどありません。

以前の駅は川上のボート乗り場と川の中腹のThe Shoreというショッピングモールの辺りなのはわかったのですが、今の駅の情報を見つけるのにめちゃめちゃ苦労しました。

Monorail Theme Park & Studios Sdn Bhd - FACEBOOKホーム

上述の古い駅は稼働しておらず、その中間?の観光地からちょっと離れたところに新駅ができています。

場所はこちら。


周りは何もなく、廃墟を眺めながら車両がやって来るのを待ちます。



このモノレールは市民向けの公共交通機関というよりは観光資源という位置付けで、遊園地のアトラクションが街中まではみ出した感じと言った方が良いかもしれません。

川下りのボート乗り場の西側から川べりを沿うように遊園地あたりまで行って戻って来るルートで、1周20分~30分くらいかけて、かなりゆっくり動きます。


車両も2台あるようなのですが、実際に動いているのは1台のみで、1台あたり24席しかないため、これが黒字になる日は来るのか、他人事ながら心配になります。

マジェスティックホテルやカンポンモルテン、遊園地周辺を通るので、眺めはなかなか楽しめます。




週末は夜遅くまで運行していて、ライトアップされている遊園地などはフォトジェニックな感じになるのではないでしょうか。

開通3週目で既に地元衆も少な目、観光客へは周知不足でお客さんはまばらです。
ただ、1便逃すと次の便まで30分近く待つことになるので、そんな待つ価値があるかというと。。。。
しかも乗り場はThe Shoreから徒歩10分程度ですが、歩道のない道を行かないといけないので、子連れの場合はタクシー等を利用した方が良さそう。
駐車場は十分あるので、自家用車の方は利用しやすいと思います。

料金は現在のところ1乗車RM10。
チラシによると、正規料金は外国人RM20なので、早いうちにどうぞ。
またいつ止まるか分かりませんし。。。
マレーシア情報ランキング 参加中。
   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
ブログ村 シンガポール情報 はこちらから。
 お隣シンガポールの今がわかります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

0 件のコメント:

関連記事と時々広告&他所のブログ